結納は両家族を親密にさせられることができる

しきたりを守るためにする

結納は両家の間で婚約成立を取り交わす儀式ですが、古くから伝わる地域のしきたりを守り、高い結納品を取り交わします。お金や手間がかかってやらなくていいといった声も聞こえてきます。そして、お金がかかるから面倒だと毛嫌いする方もいますが、いい点もあります。大好きな彼からプロポーズされたら嬉しいですが、実際まだ苗字も変わってなくて、結婚する自覚がわきにくいかもしれ魔円。そうした状況が続けば、あまりいいことはないです。結婚前すこし遊びたいと、いらぬ浮気心が芽生えるケースもあります。

結納の意味は大きいです

そこで結納することが大きな意味を果たします。それは婚約のあかしで両家でその土地のしきたりに基づいたものを交換するもので、とても身が引き締まる儀式です。結納は自分は結婚する身だということが自覚できて、軽率なことを慎むことになります。結婚する本人同士長い時間かけお互いを知って、愛をはぐくんできて、家族たちはある日突然つながりが生まれます。そこで少しでも信仰が深まるよう、結納を行うことがいいでしょう。これをすると、両家の連帯感も生まれて、披露宴のみならず、今後の親戚づきあいにいいことがあります。

準備には家族も参加しなくてはならない

また結納のデメリットですが、基本的な決まりごとに、お嫁さんをmの羅う方の男性が女性に結納の証である品々と結納金を送ります。厳かな雰囲気の中、両家でしっかり結婚前の儀式を行いたければ、結納をお勧めしますが、金銭の負担をかけたくなければ食事会で十分です。結婚式準備は多くの時間をようしますが、結納準備も以外に時間がかかります。両家の間で結納金相談しながら準備を進めることが多くの結婚当事者以外に、家族も準備することになるのです。

福岡の結婚式場を選ぶには、交通アクセスの良しあしや挙式のプランの特徴をチェックすることが良いでしょう。